プロフィール

学習院大学非公認LGBTサークル

Author:学習院大学非公認LGBTサークル
学習院大学の非公認LGBTサークルです。
何かあればnijigaku☆gmail.comまで。
☆を@に変えてください。
最近はTwitterでつぶやくことが多いです。
@nijigaku

最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LGBTサークルを一から作る方法 ~にじがくの場合~


◎概要
①ネットでメンバーを募る (2013年4月)
②協力者を得る(2013年10月)
③活動の幅を広げていく(2014年~)

①ネットでメンバーを募る
学内にセクマイやアライの知り合いが一人もいなかったので、とりあえずグー○ルの検索とかで引っかかるようにブログを始めて、サークルを作ったと宣言した。活動実績もなくて怪しかったのか、特に連絡は来なかった。
(こういうサイト↓参考になりました。作ってくれた人たちありがとう)
セクマイサークル、作りませんか?

②協力者を得る
ブログを始めてから半年後に初のお問い合わせがあり、無事学内で二人目のメンバーを迎えることができた。私はその人と相談して、Twitterを始めて宣伝に力を入れていくことなどを決めた。流行のSNSの宣伝効果は大きく、徐々に新しいメンバーが増えていった。学生課に申請してポスターを貼ったら、それを見て入会してくれるメンバーも居た。

③学内で活動の幅を広げていく
人数がある程度集まったら、お茶会や飲み会、ランチ会などのイベントを開いて交流できるようになった。大学の公認サークルになるには5年以上の活動実績が必要らしく、まだ足りなかった。

※ここから先、代表の私見・思い込みが入っています。この記事はメンバー全体の意見ではありません。

◎このサークルについて考えたことまとめ

「にじがく」の特色というか工夫した点は、入会へのハードルを限界まで低くしたことだ。にじがくには参加しなければいけないイベントはないし、会費も特にかからない。代表・副代表以外には背負うべき役割も存在しない。

必然的に代表の負担は大きくなるが、これには理由がある。
ただセクマイの友だちを作りたい、という学生が、サークルに入ることで生じる義務感のために入会を敬遠してしまうことだけはどうしても避けたかったからだ。
大学生はなんだかんだ忙しい。勉強、他のサークルの活動、バイト…etc
私が考えるこのサークルの活動の究極の目的は友だちをつくることだから、忙しい学生でも無条件で、気楽に所属できる場にしたかった。気が向いたときだけでいいよ、いつでも待ってると言えるような、「幽霊部員」でも引け目を感じず、のびのびと幽霊できるような、そんなサークルにしたかった。
(代表のお仕事自体はめっちゃ大変ってほどではなかったから結果オーライ)

難しかったことは、アウティング対策と入会できるメンバーの範囲。
クローゼットでどうしてもサークルの外の人にバレたくない人のためにできることは、多くはなかった。
一応会則は作ってみたが、やぶったところで退会になるだけだし、アウティングを十分に抑止できるものではない。そこで、どうしてもバレたくない場合はサークルに入らない方が安全ですと、気にされる方には正直にお伝えすることにした。その上で、仮名で活動すれば自衛が可能だと考えますと個人的な意見を付け加えることにした。
何が最善なのかは、未だに分からない。

メンバーの範囲は、設立当初は非当事者も入会可能だったのだが、活動していくなかでメンバーと相談して当事者のみに変更した。性指向・性自認に関わらず共生する理想の社会とはズレてるし、閉鎖的に思えるかもしれない。この決断のきっかけは、メンバーの正直な意見だった。
「『研究対象』にされたくない」。…分からなくもない。
例えば感覚として私が持っているのはただの個性であって、特殊な性癖・属性ではない。サークルの中でまで特別視されたくないのかもしれない。
加えて、私見だが、当事者同士であればお互いの「秘密」を見せ合っているから、お互いにプライバシーを守ろうという暗黙の了解ができてより安心できるのではないだろうか。

「にじがく」はあくまで、まずは孤独になりがちなセクマイ当事者のためのサークルだ。
日頃ありのままの姿で過ごすことが難しく、孤独なメンバーにとっての、理想の環境を実現するためにある。
御託はいいから差別はなくしなさい、と思いますか?
そうですね。当事者/非当事者で分けるのも本当はおかしい話です。
「全ての人のため」を実現することは難しい。
きっとこの文章にしても、まずい言い方をたくさんしている。
誰にも何にも文句を言われない文章を考えていたら、何時までたっても何も言えない。
何が最善なのか、未だに分からない。

追記: サークル内で話し合った結果、アライの方も参加できるようになりました!めでたし

◎サークル作っちゃえ
元々は大学の中にセクマイの知り合いは一人もいなかったけど、サークルを作ったら20人以上と知り合えました。ブログ開始から2年経った今、自分や皆にとって大切な場所をひとつ作れたような気がします。サークルを作ってよかったと思うことは、学内でメンバーとすれ違ったときに挨拶できること。そして、メンバーから感謝してもらえたり、見守ってくださる方々に応援してもらえたりすること。非公認だし、まだまだ完璧ではないけれど、何かの参考になったら嬉しいです。

恐れ多くも私から、大学でLGBTサークルを作ろうと思ってる方にメッセージをおくるならば、とりあえずやってみたら良いと思います。問題があったら少しずつ改善すればいいし、うまくいかなければ周りの人や、大学生が集まりそうなイベントに参加して相談してみたらヒントになるはずです。案外みんな同じようなことで悩んでいます。
大変なこともあるでしょうけど、きっと楽しいですよ。

読んでくれてありがとうございました!

にじがく代表
スポンサーサイト

大学生ナイトだ!


広告が出てると恥ずかしいので投稿してみます。


今日は大学生ナイトです。
にじがくもブース出展させていただきます。
未成年の方は参加できませんが、来られる方はぜひ!
遊びにいらしてください〜!

5月お食事会



昨日は新入生歓迎会を兼ねたお食事会でした。
新入生のみならず、同じ学年の方や、他大からのゲストにも恵まれ、
全部で10名の方に顔を出していただけました。
ありがとうございます!

他愛もない話から同性婚、サークル運営などの真面目なテーマまで、幅広くお話しすることができました。

今後やってみたいイベントについても面白い意見が出ました。
・映画鑑賞会
・読書会
・ラブソングについて話す会
・何かテーマにそった意見交換会
・メンバーのお宅にお邪魔する会
などなど。

人数は、14人から18人に増えました!ありがとうございます!!
学習院に通う人の数は、12名です。

今後ともよろしくお願いします。
サークルの外の人でも、今後イベントに参加したい!と思う事があればお気軽にご連絡ください。


ポスター掲示のお知らせ

今週まで、西一号館にポスター貼ってます!
ぜひご覧下さい♪
Bl56YRxCQAIXzWl.jpg

新入生歓迎!


春ですね。
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

このサークルでは構内で皆さんに直接話しかけたり、
新入生歓迎のためのお食事会を開いたりはしていませんが、
(プライバシーの観点から色々あるもので)
サークルへの参加はいつでも歓迎します。

今のところ、何か啓蒙的な活動をしているわけではありません。
これまではサークルのメンバー限定のお茶会やランチ会、飲み会などのイベントを行ってきました。
これからもそのような交流会を行う予定なので、会員の皆さんには好きなように参加して楽しんでもらえたらと思います。
それぞれのペースで親交を深めましょう!

また、現在メンバーとして入れるのはLGBT当事者だけということになっていますが、
興味を持ってくださったシスヘテストレートの方がいらっしゃいましたら、
お問い合わせいただければ誰でも参加OKなイベントにご招待します。

サークルには入っても入らなくても、LGBTな学習院生がこのブログを見て、
同じ大学に仲間がいると思っていい気分になってくれたら嬉しいです。
駄目だしとかも受け付けますんでよかったらお願いします。
それでは、また!

追伸:
エイプリルフールにTwitterでささやかなネタを投下しましたが華麗に滑ったことをここにご報告します。
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。